読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロードバイクの「ロ」

横浜在住・グループライド系ロングライド派。クラブ・ロードロ代表。メンバー募集中!

【都民の森ライド】今度こそ真面目にポタリングする!…つもりが結局いつもの苦行に。

グループライド クラブ・ロードロ
スポンサーリンク

ロードロのみんな(KMTさん、軍曹、ムラキング、テッペイさん)と都民の森へポタリングしてきました。
走行距離180km超、獲得標高2400m以上のつらすぎてゲロ吐きそうになる斬新なポタリングですw(ポタリングなのか?)


ここへ来るのは実に1年ぶり。
昨年は何度か行きましたが今年は初です。

昨年の都民の森ライド



ポタリングになる気配がぜんぜんしないポタリング

KMTさんと2人でポタリングするつもりだったんですが…


この直後に軍曹とムラキングが参加を名乗り出て、雲行きが怪しくなってきました。

まあ、俺も行き先を都民の森にしてる時点でポタリングする気はさらさらなかったわけですが。

3つの山場が控えるお気に入りのルート

今回は、中津川沿いを走ってオギノパン方向から相模湖へ出て、上野原方面から都民の森に入るルート。基本的には過去2回とほぼ同じルートです。

このルートの難所は3つ。
1つは上野原カントリークラブ前の坂。距離は比較的短いですが勾配がきつく、路面には丸い窪みがあって走りづらいです。◎←こんな感じのやつ。


KMTさんと会うのは久しぶり。本人によると、6月のグループライドで一緒に走ったとき以来だとか。


2つ目は甲武トンネルまでの上り。4kmくらい?で急勾配ってわけじゃないけど、ここに来るまでにけっこう上ってるのできついです。

そしてメインディッシュが都民の森。このルートだと麓からではなく中腹から上ることになりますが、それでも11kmくらいあります。中盤までは下りもああったりするのですが、ラスト3〜4kmからはひたすら上ります。


この日は最高の自転車日和で、暑いくらいでした。


(上ってる最中の速度は)ポタリングペースですよ。

とまあ、こんな感じで、一言で表すと、とにかく上るルートで、「上っても上っても終わらねぇ…」「俺はいったい何をしてるんだ…?」と毎回自問自答しながら走ることになるルートです(というか、このルートを選んでる時点でポタリングするつもりまったくねーだろw 走る前から過酷なライドになることが容易に想像できるわ…)。


山に向かってどんどん上って行きます。こんなのがずーっと続くんですよ。ね?笑えるでしょ?


でもこのルート、俺は好きなんですよね。上りは嫌いですが、このルートだけは別。あーもうダメ死にそうって思ったあたりでタイミングよく下りが現れるのと、体をいじめ抜いてトレーニングしてる感じがするから好きなんですよね。



軍曹の必殺技、両手放しクライミング!
体幹がハンパねぇッス。


上り嫌いなのになんで上ってるんだ….?

で、この日は北里大学前のマックに7時集合。そこからムラキングの引きで相模湖へ向かいます。
ちなみにテッペイさんとは都民の森で落ち合う予定(残念。このルートをぜひ体験してもらいたかったw)。

オギノパン前の坂をヒィヒィ言いながら上り、相模湖のほとりのコンビニで補給し(ちなみにこれ以降、都民の森まで補給ポイントが一切ないこともこのルートを過酷にしている要素の1つ)、口の中に血の味を感じながら上野原カントリークラブの坂を越え、酸欠状態に耐えて甲武トンネルを上りきり、悲鳴をあげる体に鞭を打ってついにやってきました都民の森。


軍曹から軍曹チルドレンのKMTさんへ非情な命令が下る。「KMTさんは都民の森までTTね」「……」


1年ぶりの都民の森は何も変わってなかった

嬉しすぎて(?)ゲロ吐きそう。
いつ来ても都民の森は苦しいイメージしかないw



このライドに参加するために有休を取ったムラキング。わざわざ貴重な休みを使ってこんな苦行に参加するとは…アホだなw


この日の都民の森にはなぜかNTTの人が多い。後から知ったのだけど、フリーwifiの設置工事をしていたらしい。


都内で最も高い位置にあるというレストランで昼食を摂り、つかの間のリラックスタイム。雑談に花が咲きます。



レストランまでの最後のヒルクライム。この坂が最もきつい!


13時に雑談を切り上げて帰路につきます。

ここから先は麓までダウンヒル。
軍曹のコーナリングレッスンを受けながら下るわけですが…おかしいな、下りなのに上り並みに疲れるぞ? 背後にピッタリ張り付かれているせいか、脚を休められないw

16号線で帰る軍曹とKMTさんと別れ、俺はムラキングとテッペイさんと3人で多摩サイをひたすら河口方向に向かって帰ります。
ちなみにこの帰りもポタリングとはほど遠い内容でしたw


というわけで、今回も平常運転のグループライドでした。
こんな感じでクラブ・ロードロはいつも楽しく、みんなでワイワイ走ってます。

あなたも一緒に走りませんか?
つらくて苦しいライドを体験できますよ。

それでは。

今回のログ