ロードバイクの「ロ」

横浜在住・グループライド系ロングライド派。クラブ・ロードロ代表。メンバー募集中!

7年前のハイエンドモデルと最新のミドルグレードモデルではどちらのほうがスペックが高いのか?

スポンサーリンク

もう何度もブログに書いてるので耳タコだと思いますが、先日行った第1回クラブ・ロードロ強化合宿の帰りに俺の愛車SLC01のフォークが真っ二つに折れてしまいました。

New Vans Vs. Old Vans
New Vans Vs. Old Vans / Dannylo Photography


それで、新しいフレームを買うべきか、それとも修理に出して使い続けるかってことをウジウジ考えてるわけです。
tyari.hatenablog.com


で、そのことについてチームメイトがいろいろ意見をくれました。


7年前の中古フレームを10万円以上かけて検査&修理するくらいなら、同じか少し高めの値段で新品フレームを買ったほうがいいのでは?という意見です。
なるほど、この発想はありませんでした。
いきなりハイエンドのエアロフレームを買っても、室外保管で野ざらしにするしかないし、近々引っ越すかもしれない。だったら、環境や懐事情が整うまでの繫ぎとして、ミドルグレードのフレームを買うというのはアリかもしれません。

ただ、そうなると気になるのは「7年前のハイエンドモデルと最新のミドルグレードモデルでは、どちらのほうが優れているのか?」ということです。
俺が乗ってるSLC01はおそらく2009年モデルだと思われます。7年前のフレームではありますが、まがりなりにもハイエンドモデル。性能には定評があり、しかも乗り心地も良いということで、いまだにファンの多いフレームです。人によっては「名機」とか、「後にも先にもこれ以上のフレームはない!」と言い切っていたりしますし、俺もまだ2000kmちょっとしか乗っていませんでしたが、とても気に入っていました。
それだけに、どうせ乗り換えるのであれば、こいつよりも性能が良いバイクに乗り換えたいです。でなければ、いつまでたっても「やっぱりSLC01を修理しておけばよかった...」と後悔し続けることになりそうです。

だからこそ、知りたい。
昔のハイエンドモデルと今のミドルグレードモデルを比べたら、どっちのほうがいいのか!?

ーーってことをつぶやいたら、またまたチームメイトからこんな意見が。


ほぅ、あの栗村さんもそんなことを言っていたのか。
ちなみに栗村さんといえば、おもしろ実況でお馴染み。以前、ブログでも書きました。
tyari.hatenablog.com


俺がJスポーツオンデマンドに加入しているのは、栗村さんの実況を聞くためと言っても過言ではない。

あと、サイズが大事という話。俺は他のチャリにあんまり乗ったことがないので、フレームサイズの重要性ってやつがよくわかってない。


まわりからはこう見られていたようです。
そう言われると、たしかにSLC01はトップチューブが長すぎて、俺には合っていない気がする。体幹トレーニングの「プランク」をしているときのような辛さを常に感じるんだよね。

他にもいろいろ調べていたら、こんな意見もありました。

材質にかかわらずレース用の軽量ハイエンド製品ほど寿命が短くなる傾向にありますので、50万円以上するフレームの美味しいところが1年くらい、という事もあります。
 圧倒的に強大なパワーのプロ選手が使って平気な物がそんなに華奢なわけ無いだろ、と思われるかもしれませんが、彼らは年間何本ものフレームを使い潰しているのです。
 自分の使用状況と予算をよく考えましょう。
 高い物を5、10年と使い続けるより、半分の価格の物を2~3年で乗り換えた方が結果的に良い場合が多いです。

長い目でみたコストパフォーマンス : ロングライダース


ロードバイクなんて所詮趣味なので、コストパフォーマンスなんて気にせずに自分が欲しいものを買うのが正解なんでしょうが、懐事情の寂しいサラリーマンにとっては無視できない要素であるのも事実。
う〜ん、悩む!
コンポの移植も終わっていないので結論が出せませんが、ミドルグレード以下のフレームに乗り換えるという方向に気持ちが傾きつつあります...。
とりあえず、当分は各メーカーのサイトとにらめっこ&試乗会めぐりをすることになりそうです。

それでは!