ロードバイクの「ロ」

横浜在住・グループライド系ロングライド派。クラブ・ロードロ代表。メンバー募集中!

エリートの3本ローラー「アリオンAL13」の真の姿は脚立だった!?

スポンサーリンク

先月注文したエリートの3本ローラー「アリオン(arion)AL13」が届きました。

まずね、箱がデカイ! 女性や子どもがスッポリ入れる大きさです。
狭い我が家では、開封するだけで一苦労でしたよ。


どーん! これが今回買った3本ローラーのその姿。
すごい存在感。思ったより大きく、重く、しかもローラーが…太いの…。
富士チャレンジの時、チームメイトが持参したミノウラのモッズローラーを使わせてもらいましたが、あの時のローラーよりも一回り太く、重厚感がすごいです。
一方、ローラー以外の部分はプラスチックでできており、強度的に大丈夫なのか?と思ってしまいました。

ちなみに、我が家のボスの感想。

「脚立だね」



あまり時間がなかったんだけど、さっそく使ってみました。時間にして5分くらいなので、しっかりとしたインプレはできなかったけど、気づいた点がいくつかあります。


なぜ、おまえが外れているんだ…?

ダンボールから取り出したら、ローラーの位置を固定するネジが外れていました。
外れたネジはダンボールの底に転がってたからなんとかなったけど、これヤバくね?


謎の音

折りたたみ状態から展開するときに、ヒンジ部?から毎回「パキッ!」て音がする。
展開時に接合部がうまく噛み合ってないために起きていると思う。ちょっと不安。そのうちの割れるんじゃないか、これ?


振動&騒音

意外とうるさくない…?
もがいてないし、サイコンをつけてなかったのでどれくらいの速度で回してたのかわからないんですけど、思ったほど音はうるさくなかったです。
もちろん固定ローラーよりは唸るような音がするんですけど、それでも近所からクレームが来るほどの音には思えないというか。
使用場所がコンクリのベランダだったので、振動に関しても問題なさそう。とくにマット等を敷く必要はないと判断しました。


右に寄ってしまう

我が家のベランダは右に少し傾斜しています。固定ローラーのときはその影響が皆無だったんですが、3本ローラーだとけっこう致命的な気がしました。
まだ確証がないので、本当に傾斜のせいなのかはハッキリしないんですけど、勝手に右へ右へと車体が寄って行くんです。
気にせず使い続けることもできるとは思うんですが、バランスが悪くて変なペダリング癖がついてしまったり、体が歪んでしまいそうなので、本当に傾斜のせいなのだとしたら、対策を立てる必要がありそうです。


思ったより負荷がない

この3本ローラーは3段階の負荷調節が可能で、某ブログではパワートレーニングができると書いてありました。それが最大の購入理由なんですけど、いざ負荷をかけてみると想像していたほどではないんですよ。
パワーメーターを持ってないので、俺がどれくらいのワット数で回していたのかわかりませんが、これで本当にパワートレーニングになるのか疑問です。
公式では、負荷マックスにすると35km/hで400Wくらいになるらしいんですが、400Wってこんなに軽いの???


ベランダ狭い…。

購入前からわかってはいたんですが、実際使ってみて思ったのは、ベランダが狭いということ。
現状、実走用と固定ローラー用のチャリ両方をベランダで保管してるんですが、固定ローラー用のチャリをいちいち玄関外まで運ばないと3本ローラーが使えません。これが想像以上にめんどくさい! 常用するには固定ローラー用のほうを処分しないと現実的には無理そうです。


果たして固定ローラーの代わりとなるか?

最も重要なのは、この3本ローラーが果たして固定ローラーの代わりとなるのか?(=パワートレーニングができるのか?)ということ。
代わりとなるのであれば、とっとと固定ローラー用のチャリを処分してしまえばいいだけ。しかし、そうでないのであれば売ってしまうしかありません。


確認することがいくつかある

というわけで、今週末、パワートレーニングできるのか確認しようと思います。
まず、負荷マックスで30分くらい回してみようと思います。まだ5分くらいしか回してないので、もしかしたら負荷が弱いというのも俺の勘違いかもしれないし。
それから、タイヤの空気圧を低めにすると、より負荷がかかると聞いたので、それも実践してみます。この方法がうまくいったら、トレーニング用に安い鉄下駄を買うつもりです。固定ローラー用のホイールが流用できるといいんですけど、10速用なので…(誰か11速用の鉄下駄持ってたら、アルテグラのブレーキセットと交換しますよ!)。


というわけで、パワーメーターへの道はまだまだ長そう。今は3本ローラーを常用できる環境づくりに必死になってます。

それでは。