読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロードバイクの「ロ」

横浜在住・グループライド系ロングライド派。クラブ・ロードロ代表。メンバー募集中!

真夏の房総半島で平坦地獄! 平地好きは東京湾フェリーを利用して千葉まで行くと幸せになれるよ。

スポンサーリンク

f:id:dokodemo173:20150811134356j:plain

お盆休みですね! みなさん、ロードバイク乗ってますか?

俺は昨日、千葉まで走ってきましたよ。
神奈川から千葉に行くというと、東京を抜け海沿いをぐるっと回って行くことを想像するかもしれませんが、違います。
実は神奈川からフェリーで直接行けるんですよ。

東京湾フェリーといいまして、三浦半島の先端にある久里浜港から、房総半島の金谷港まで直行便が出ているのです。頻度は1時間に1便、所要時間は約40分、片道1050円となっています。

これを利用すると、神奈川県民でも日帰りで房総半島ライドを楽しめます。俺も今回初めて利用して、とても楽しめました。
そこで今回は、神奈川のライダーたちに向けて、フェリーを利用した房総半島ライドをご紹介しようと思います。
房総半島の海岸沿いの道はひたすら平坦だし、信号も全然ないので、平地好きにとてもおすすめですよ。


目指せフラワーラインとビンゴバーガー。

お盆休みはフェリーを使って房総半島のフラワーラインに行くことに決めました。
チームメンバーからフェリーの話を聞いていて、前々から気になっていたんです。
それがこの間の土曜日。

日曜、メンバーに「フラワーラインに行きませんか?」とLINEで呼びかけるも反応なし。
う〜ん、久しぶりにソロライドになりそうな予感…。

月曜日、K子さんから参戦の表明。続いて新車を購入したというK谷さんも。
ヤバイ、このメンツはヤバい。とんでもない巡航速度になりそうな予感…。

その後、ヒロさんから教えてもらった「ビンゴバーガー」に行くことも決まり、集合時間がクソ早いので早々に就寝。


見よ、これが限定カラーのプロペルだ!

朝4時、起きるとオキタクさんから参加すると連絡が入る。K谷さんの新車を見るためなのか、それとも千葉まで来るつもりなのか…。日曜に膝を壊したのに大丈夫なのか?

5時半、横浜マリンタワー前に集合。俺以外、みんなディープリムなので物欲が刺激されて困ったよ。

f:id:dokodemo173:20150811053552j:plain
ドキッ! 俺以外全員エアロロードだらけのロングライド。


そして、K谷さんの新車が初お披露目。詳しくはよく知らないんだけど、限定カラー?なんだとか。
とにかくめちゃくちゃ速そうで、今日のライドのペースがとんでもないことになることを確信。付いていけるかなぁ…(汗)

f:id:dokodemo173:20150811053509j:plain
これが噂のK谷さんの新車! 限定カラーのプロペルとのこと。すごくカッコいい!


f:id:dokodemo173:20150811053457j:plain
車体だけでなく、全身ジャイアント・アルペシンのK谷さん。まるでプロロードレーサーです。


急げ! あと3分でフェリーが出航するぞ!

10分ほど雑談をして出発。目指すは久里浜港。マリンタワーからは38kmほどの道のりです。7:20発の便だから間に合うはず…。

しかし、16号をひたすら南下するのですが、何度も信号に引っかかりフラストレーションが溜まります。
次第に「あれ? もしかして間に合わないんじゃね?」という雰囲気に。
たしか、新杉田を過ぎた時点で出航まで1時間あるかないかくらいだったはず。

信号待ちのたびに「ヤバい、あと10分しかない!」とか喋ってて、ますます焦る。
最後は膝を痛めてるオキタクさんに引いてもらい、なんとか出航の3分前に港に到着し、駆け込みでフェリーに乗りました。

f:id:dokodemo173:20150811141353j:plain
これは帰りの金谷港(千葉県)のフェリー入り口。ここから乗り込みます。なお、久里浜港(神奈川)は写真を撮る時間がありませんでした。


残念ながらオキタクさんはここまでとのこと。やはり膝の調子が良くないようです。
引っ張っていただいたのを申し訳なく思いながら、フェリーの中から手を振ってお別れしました。


快適な船のたびをお楽しみください。

船員さんはさすがに手馴れていて、素早くロードバイクのハンドルを手すりに引っ掛け、後輪にストッパーを嵌めてくれます。
手すりのハンドルと接する部分にはクッションを当ててくれるので、カーボンの人でも心配ありません。
その間、俺たちは見てるだけ。とても楽チンですね。

f:id:dokodemo173:20150811071857j:plain
自転車は船員さんたちが壁際に固定してくれるので、揺れなどで倒れる心配はありません。


階段を上って客室に入ると、エアコンが効いていて涼しい! 天国かと思いました。
あたりを見回すと、船首方向を向いて座席が並んでいます。

f:id:dokodemo173:20150811073928j:plain
船内は新幹線の座席に似たシートが並んでいて自由に座れます。帰りに気づいたのですが、この上の階には売店やソファなどがあったようです。


最前列の席に座ったのですが、日差しが強くて暑かったです。

f:id:dokodemo173:20150811072413j:plain
フェリー内から見える久里浜港です。日差しが強く、窓際は暑い暑い。


こんな感じで約40分で千葉の金谷港に到着。


食べログでも高評価のビンゴバーガーを食べに行く!

まだ8時過ぎなので、ちょっと遠回りをしつつ海沿いの道を走ってビンゴバーガーに向かいます。

tabelog.com


と・こ・ろ・が!
早く着きすぎて開店してねー!!
11時からオープンらしいんですが、まだ9時半くらい。あと1時間半も待てないよ…。というか、営業時間ぐらい調べておけよ、俺。

f:id:dokodemo173:20150811092053j:plain
道の駅「鄙の里」にあるビンゴバーガー。食べたかったよ...。


これがいつものグループライドだったら、確実に「グルメライド詐欺だ!」と訴えられてますね、はい。
まあでも、この無計画さというか、思いつきで行動するあたり、いつものロードロらしいっちゃらしいんですけどね。

とりあえず併設されている道の駅にはバイクスタンドやベンチ、トイレなどがあるので、ここで休憩。今後のルートについて3人で話し合います。というかルートも決めてないくらいルーズなライドですwww


f:id:dokodemo173:20150811093012j:plain
同じく鄙の里で売ってたヨーグルト味のソフトクリーム。美味い! 爽やかな酸味が夏にピッタリ。


爆走! 外房黒潮ライン!

その後、話し合いによって、外房黒潮ラインを通って鴨川に行き、そこから34号線で房総半島を横断して金谷港に戻ることに。
おいおい、フラワーラインはどうすんだ??とお思いでしょうが、もうそんなことどうでもいいのです。これがいつものロードロです。詐欺だと言われようが、その場の思いつきこそが正義。行き当たりばったりで走るの最高!

f:id:dokodemo173:20150811103438j:plain
めったに千葉までこないので、和田漁港付近で記念撮影。台風の影響か波が大きい。


外房黒潮ラインは海沿いを走る道で基本的にずーっと平坦です。信号もほとんどありませんし、あってもたいてい青信号なので止まらずに済みます。なので、平地好きやスプリンターにはたまらないコースだと思います。
ただ、日によっては風が強くて走りにくいかも。この日も終始向かい風で、暑さと相まって足がガンガン削られていきます。
ところが、K子さんやK谷さんはそんなのおかまいなしといった感じで、ひたすら高速巡航を続けます。俺も負けじと食らいつくのですが、もう全然ダメ。歯がたたない。前に出ても一瞬にして抜き去られて、あっというまに千切られてしまいました。マリンタワーで確信したことが現実となってしまったわけです。2人とも速すぎる...。

f:id:dokodemo173:20150811103449j:plain
獲物を狙うハンター…ではなく、ベストショットを撮ろうとして腰を低くするK子さんとK谷さん。


この後、必死で2人を追う俺の様子があまりに辛そうだったからか、K子さんが近くにある道の駅で休憩しようと提案してくれたので、和田観光案内所に行きました。
中に入るとレストランがあったので、ちょっと早いけど昼飯に。俺もエネルギーを使い果たし、腹ペコペコ。

f:id:dokodemo173:20150811120226j:plain
あまりに暑いので、和田観光案内所に緊急避難&レストランも併設されてるので、まだ11時前だけど昼飯にしました。


知らなかったのですが、この辺りはくじらが名産品のようですね。
くじらは1、2回しか食べたことなかったので、迷いなくくじら系の定食を注文しました。で、出てきたのが下の写真。
どれも美味しかったのですが、正直、メンチカツとコロッケはくじらと言われてもよくわかりませんでした。竜田揚げは独特の噛みごたえというか、魚でも肉でもない感じでしたね。

f:id:dokodemo173:20150811110217j:plain
わだい処和田浜のくじら味比べ定食950円。くじらの竜田揚げ、くじらのメンチカツ、くじらのコロッケがおかずです。


34号線はプチ道志みちっぽい。

外房黒潮ラインを通って鴨川まで抜けたら、今度は34号線で金谷港まで向かいます。
この道はこれまでと違って比較的アップダウンがあり、山を1つ越えます。山と言ってもヤビツ峠のような感じではなく、丘くらいのイメージでしょうか。登っている最中はどこがてっぺんだかわかりづらくて、登ったあと急に下りになるので、そのときになってようやく気づく感じでした。

f:id:dokodemo173:20150811134325j:plain
34号線の途中で小休止。周囲は長閑な田園風景で、「ぼくのなつやすみ」的な雰囲気でした。


34号線の序盤は俺が先頭を走り、必死になって引きました。しかし、本格的な登りに入る前にあっさりと2人に千切られ、あとはずっと1人旅。
ここまで平均30km/h近いペースで140kmも走ってきたので足はガクガク。勾配は5%もなかったと思いますが、まるでヤビツの蓑毛バス停前の坂のようにまったくスピードが出ませんでした。


今度こそフラワーラインを走るぞ、と思いつつ出港。

フェリーの出港時間のちょうど10分くらい前に金谷港に着き、行きと同じように乗船。
帰りの便ではソファー席に陣取り、リラックスモード。あまりにリラックスしすぎて俺は爆睡してしまいました。

f:id:dokodemo173:20150811142403j:plain
帰りのフェリーでくつろぐ二人。ソファ最高!


ちなみにフェリー内の売店で売っている「横須賀海軍カレーパン」が名物らしいので買ってみました。200円でこの味とボリュームならかなりコスパがいいと思います。

f:id:dokodemo173:20150811142724j:plain
東京湾フェリー名物の横須賀海軍カレーぱん。美味しいです。というか疲れてヘトヘトなので、何食っても美味い。


というわけで、以上が東京湾フェリーを利用した房総半島ライドの詳細です。
とても楽しかったので、今度はグループライドを企画してもっと大勢で行きたいなと思いました。信号ないし、ド平坦だからロードロのスプリンター組は燃えるだろうなぁ...。

あなたも時間があればぜひ行ってみてください。いつもと違う土地で走ると、また違った楽しさが味わえますよ。

それでは!


走行ログ