読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロードバイクの「ロ」

横浜在住・グループライド系ロングライド派。クラブ・ロードロ代表。メンバー募集中!

ヤビツ44分程度のロードバイク乗りが「やや糖質制限ダイエット」を始めて約1ヶ月たったので経過を報告してみる。【ルール編】

スポンサーリンク

どうもこんにちは。
クラブ・ロードロのチームメイトが富士ヒルクライムで1時間8分台をたたき出したと聞いて、刺激を受けた俺です。
みなさん、ヒルクライムしてますか?


好吃!懷舊大滷肉,超彈牙粗麵,濃厚湯頭
好吃!懷舊大滷肉,超彈牙粗麵,濃厚湯頭 / Richard, enjoy my life!


9月に控えている富士チャレンジやヒルクライムでのパフォーマンスを上げるにはどうすればいいのか考えたところ、「やっぱ体重落とすしかないんじゃね?」という結論に至ったので、ダイエットを決意したのが先月下旬。

自分に甘いことで定評のある俺ですから、どうせダイエットするならなるべく早く効果が出てくれるものがいい。
じゃないとモチベーション維持できなそうだし…。

というわけで、効果や健康面での影響などで賛否両論いろんな意見があるけど即効性が高いことで有名な糖質制限ダイエットをすることにしました。

それが5/21の夜。
それから現在まで、なんとか続いてます。
これまでに何度かダイエットに挑戦したことはあったけど、ここまで続いているのは初めてです。やっぱり目的意識って大事ですね〜。

そんなわけで、だいたい1ヶ月経ったので、「年間3000〜4000km程度のロードバイク乗りが糖質制限ダイエットしたらどうなるか」という情報を知りたい人(そんな人いるのか?)に向けて、かいつまんで経過報告をしようと思います。

ただし、この記事は糖質制限ダイエットを勧めるものではありません。
上にも書いたように、糖質制限ダイエットは賛否両論なので実践する場合は自己責任で行ってください。


糖質制限ダイエットってなんぞや?

簡単に言うと、米やパン、麺類、根菜類などの糖質(炭水化物)を摂取しないダイエット方法です。

俺はこの記事を読んで、

速攻でこの本を買って勉強しました。

マンガで分かる肉体改造 糖質制限編 (ヤングキングコミック)

マンガで分かる肉体改造 糖質制限編 (ヤングキングコミック)

ただし、この本に書いてることと他の本やネットに書いてあることが微妙に食い違っていたりするので(トマトやニンジンがアウトなのかセーフなのか、とか)、もっと詳しく知りたい方は他の本も読んだ方がいいと思います。


糖質制限ダイエットだけど糖質制限ダイエットではない「やや糖質制限ダイエット」

俺が実践してるのは厳密に言うと糖質制限ダイエットではありません。
厳密にやりすぎると長続きしないと思ったので、かなりゆる〜いルール設定にしています。ぶっちゃけると、毎日米食ってます。
なので、“やや”糖質制限ダイエットです。
じゃあ、どんなルール設定にしてるのか、これから説明しますね。


やや糖質制限ダイエットのルール

1.主食(米、パン等)、根菜類、ビール・日本酒を摂取しない。

米やパンはうまいです。それに腹持ちがいい。でも、糖質そのものなので口にしません。
その代わりに豆腐を食います。ひたすら豆腐を食います。
あと、たまにこれ食べてます。

そのままでも美味しいですが、納豆と生卵と麺つゆをぶっかけて、グチャグチャにかき混ぜて食うともっと美味いです。
ビールや日本酒も糖質が豊富なので、避けます。ただし、蒸留酒は大丈夫らしいので、ウイスキーを飲んでいます。根菜も基本的には食べません。ただ、栄養面を考慮してカボチャとニンジンはOKということにしています。



2.ただし、昼食では糖質を食べてもOK。

社内に食堂があるなら別ですが、そうでないなら昼食は必然的に外食になると思うんですけど、外食で炭水化物を抜くって相当ハードル高いですよね?
どうしたって米や揚げ物が紛れ込むので、それを抜いたら他に食べるものがなくなってしまいます。
なので、昼メシのときだけは糖質を摂取してもいいことにして、毎日米を食っています。

3.間食するときはできるだけ糖質の少ないものを選ぶ。

なるべく間食はしないようにしているんですけど、どうしても夕方ごろには小腹が空いてしまいます。お腹が空くと仕事に集中できないので、ガマンするくらいなら食べてしまった方が、結果的にはいいのかなと思うんですよね。
ただし、できるだけ糖質の少ないものを選ぶようにしています。
おすすめはソイジョイのピーナッツ味。

これはシリーズ中もっとも糖質が少なくて9g。他の味は甘いだけあって糖質が10g以上あります。
他には無塩・無油のミックスナッツなんかを食べてます。

4.腹いっぱい食べる。

ダイエットだから食事量は少なめにしよう...と思いがちですが、そんなことはしません。俺は腹が減るとイライラするタイプなので、食事量を制限すると家族から顰蹙を買いそうだし、そもそもそんなにストレスを溜めてまで減量したくありません。
また、上記の本によると、糖質制限ダイエットでは糖質を取らない分、たんぱく質や脂質は多めにとっても問題ないそうなので、糖質以外を腹いっぱい食べるようにしています。

5.甘いものは食べない。

とはいえ、甘いものは一切口にしません。「甘い=糖質」と考えて間違いないと思います。
なので、お菓子類、ジュース類は一切口にしないようにしています。

6.たまにであれば糖質摂取してもいい。

ガチガチの糖質制限だと息が詰まるので、たまーに糖質を摂るのはOKにしています。先日もラーメンを食べてしまいましたし、ビールも飲んでしまいました。糖質を摂ってしまうと罪悪感や敗北感が半端無いのですが、その分だけローラーを回すようにしています。

7.ロングライドの前日はカーポローディングする。

やや糖質制限ダイエットを開始してから2度ほどグループライド(ロングライド)をする機会があったのですが、1度目のとき(しらすライド)は謎の脱力感がつきまとい、スプリントする気力が起きませんでした。このときは原因がわからなかったのですが、今思うに、おそらく糖質制限のせいではないかと。やっぱり瞬発系のエネルギー源である糖質を摂取していないのだから、スプリントする力がないのも当然だと思います。
なので、2度目のグループライド(先日の都民の森ライド)のときは前日に飲み会が入っていたこともあって、炭水化物(揚げ物、麺類、サンドイッチなど)を食べまくりました。そうしたら、二日酔いになってしまったものの、かなり調子が良かったです。
なので、今後もグループライド前日はカーボローディングしようかと思います。


で、実際どうなの?

以上が、俺が実践している「やや糖質制限ダイエット」の概要です。
どうです? だいぶゆるいですよね。というか、ところどころ破綻しているというか、ルール内で矛盾が生じてしまっています。でも、これくらいルーズでないと続かないと思うんです。
で、たぶん「概要はわかったけど、実際に効果出てんの?」と思ってる人が多いと思うので、次回はこのダイエットの実践結果やメリット・デメリットなんかについて語りたいと思います。

それでは。