ロードバイクの「ロ」

横浜在住・グループライド系ロングライド派。クラブ・ロードロ代表。メンバー募集中!

大野山攻略ライドは手がかじかむような寒さの中、走行距離160km以上、獲得標高2000mを超える、かつてないハードなグループライドに!

スポンサーリンク

かじかむってのは言い過ぎかな。でも、めちゃくちゃ寒かったんですよ。

告知通り昨日11/16に大野山攻略グループライドをしてきたのですが、グルーライド史上最もハードな内容だったので、写真を撮る余裕があまりありませんでした。
そんなわけで、ロードロのメンバーであるトシモスさんとかぴばらさんが撮った写真を使わせてもらいながら、いつも通りサクッと報告します。


善波峠の手前にあるセブンイレブンの店長はこのブログの読者である可能性が!?

今回の参加者は総勢15名。
最近はコンスタントに10人以上の参加が続いていて、うれしいかぎりです。

集合場所は中山駅前。

f:id:dokodemo173:20141116060659j:plain

6時過ぎに出発し、お馴染みの中原街道を南下します。境川との合流地点で途中参加のメンバーをピックアップし、そのままノンストップで善波峠手前のセブンイレブンまで行きました。

このセブンイレブンに来るのは久しぶりなのですが、何とバイクスタンドが設置されているではありませんか!
ロードバイク乗りにとってはとても嬉しいサプライズですね。

f:id:dokodemo173:20141116074910j:plain

それにしても、先日、「ロードサイドの飲食店はバイクスタンドを設置した方がいい」という記事を書いたばかりなので、つい勘ぐってしまいます。

あ!…まさか店長はこのブログの読者!?

そして休憩&恒例の自己紹介タイム。

f:id:dokodemo173:20141116080923j:plain

今回の初参加者は2名。
1人はロードバイクを始めて半年の方。半年なのに終始、先頭付近を走ってらっしゃったので、体力的にはまったく問題なさそうでした。
そして、もう1人はロードバイク歴3年ほどの方。この方も速かったです。話を聞いていると、先日行われたコグコグの走行会でオキタクさんをぶち抜いた人だということが発覚。どうりで速いわけだ。


休憩ポイントは2箇所

自己紹介が終わるとすぐにコンビニを出発。今回はいつもと違い、タイムスケジュールがしっかり決まっているのです。

善波峠を越え、いつもは右折する名古木の交差点を左折し、震生湖とやらへ。
震生湖へ向かう途中の道は畑の中を進む九十九折りの坂で、左手に山々が見える見晴らしのいい道でした。

f:id:dokodemo173:20141116084249j:plain

一方、肝心の震生湖は鬱々としていて、あまり気分のいい場所とはいえません。

f:id:dokodemo173:20141116084826j:plain

早々に休憩を切り上げて、次の休憩ポイントである山北鉄道公園に向かいます。
しかし、到着してもみんなSLそっちのけで雑談に花を咲かせていました。

f:id:dokodemo173:20141116095714j:plain


大野山は体力よりも精神力が試される山

山北鉄道公園で小休止の後、今回のメインイベンドである大野山へ。

スタート地点は何の変哲もない坂道なんですが、上り始めると急に勾配がキツくなり、そのあとは激坂、激坂、アンド激坂という…。

f:id:dokodemo173:20141116101522j:plain

前半は一部平坦や下り気味の区間があるんですけど、そんなの気休め程度で、全体的には勾配10%以上の坂がずーっと続きます。

しかも、めちゃくちゃ悪路。窪みは当然のようにあるし、その窪みを埋めた不自然なアスファルトの盛り上がりもそのまま放置してあります。

中盤あたりにきれいに舗装された区間があるんですけど、その代わり勾配がハンパない! とくにカーブ部分のうねりは尋常じゃなかった…。
あそこで一瞬、心が折れかけました。

それでもなんとかで上りきり、山頂での記念撮影。
あいにく天気が悪かったのですが、晴れていたら絶景だと思います。

f:id:dokodemo173:20141116113208j:plain
f:id:dokodemo173:20141117200252j:plain

キツい、キツいと言いつつも、みんなと一緒に走ると楽しく、なんだかんだで笑顔です。モザイクで見えないけど。

腹減ってハンガーノック寸前!

大野山を下りたら、食事をするために桃太郎商店を目指します。

みんな激坂ヒルクライムでカロリーを消費し切ってるのでお腹ペコペコです。一刻も早くメシが食いたい!

しかし、ロードロのヒルクライム番長、オキタクさんはそんなに甘くはありません。
桃太郎商店までの道は交通量が少ないもののアップダウンが激しく、大野山で力を使い果たした体にはハードです。
彼が考案したルートは、俺たちの体にさらなるムチを入れるのでした。

そんなこんなで無事(?)に桃太郎商店に到着。
腹ペコのピチパンおじさんが大挙して押し寄せたので、お店の人も驚いたことでしょう。俺たちもご飯の量に驚きました。おかずが隠れて見えないほどです。

f:id:dokodemo173:20141116135501j:plain

その後は小田原に出て、国道1号をスプリント好きなメンバーが飛ばし、小田原厚木道路側道を40km/h巡行し、22号線に出て流れ解散といった感じでした。


ハードだけど楽しいグループライドでした!

今回のグループライドは寒い上に激坂ヒルクライムあり、アップダウンありで、グループライド史上もっともハードな内容になりました。

大野山は体力はもちろんですが、それ以上に精神力を試される山だと思います。
初めてヤビツ峠を上ったときもキツかったですが、あのときは体力的なキツさ。今回は精神的なキツさです。
幾度となく「もう足ついちゃおうかな...」という誘惑が襲ってきて、それを振り払うのに必死でした。

あと、告知の際、詐欺にならないように「初心者歓迎」といった言葉をあえて使わなかったんですが、結果的にそれで良かったと思います。
この内容で「初心者歓迎」と謳っていたら、詐欺どころか初心者殺しになりかねません。

ただ、今回のルートは適度なアップダウンがあり、信号・交通量の少ない区間や見晴らしのいいポイントが多く、大野山を抜きに考えれば、とても走りがいのあるルートだったと思います。
さすがオキタクさん。こんな素晴らしいルートを考えていただいた上に、終始先頭を引いていただき、ありがとうございました!
今度は大野山を登らず、走りたいですね。または今回とは逆回りのルートもおもしろいかも。

そんなわけで、こんなハードなライドをするクラブ・ロードロですが、もし入会していただけるのであれば大歓迎です!

それでは!